五節句
1月7日「七草の節句」、3月3日「桃の節句」、5月5日「端午の節句、菖蒲の節句」、7月7日「ほおずきの節句<七夕>」、9月9日「菊の節句」、以上を5つをまとめて「五節句」といいます。  >>
五節句
始まりは中国ですが、古くから日本に伝わり室町時代に行われていたことから江戸時代、幕府が儀式を行う「式日」として「五節句」を正式に定めました。1月7日を除いて日付に奇数の数字が2つ並ぶのは、奇数を縁起のよい数字としていた中国の思想から来ています。
五節句