NEWSNEWS詳細

イベント お月見コンサートのご報告 2019/10/28

2019年9月21日(土)マタニティのためのクラッシックお月見コンサートを開催いたしました。多くのプレママ、プレパパの皆様にご参加いただきありがとうございました。

まずは軽食をお楽しみいただき、前半では呼吸法のお話と、実際に看護スタッフと一緒に練習を行いました。

後半ではマリンバ、ピアノ、フルート、オカリナの音色をお腹の赤ちゃんと一緒にお楽しみいただきました。

「秋」や「荒城の月」という日本で昔から親しまれている楽曲から、白鳥、アダージョ、ムーンリバーやジェラート・コン・カフェのような軽快な音楽もお楽しみいただきました。

一部ではありますが、患者様からの声を掲載させていただきます。

・37週での鑑賞でした。出産を間近に控えて、緊張した日々を過ごしていましたが、つかの間の休息を楽しめました。リラックスすることを忘れずにお産に臨みたいです。

・赤ちゃんが反応する曲としない曲があったので、どういう曲が好きなのかわかって嬉しかった。

・陣痛を前向きに考えたいと思いました。楽器の生演奏を聴く機会があまり無いためとても良かったです。いつもの病院でリラックスして楽しむことができ、お腹の中で赤ちゃんも良く動いていました。ありがとうございました。

・秋らしい曲目で良かったです。特にマリンバの響きが素晴しく、感激しました。マリンバの魅力を知ることが出来てとても良かったです。普段はバイオリンの白鳥を聴いていたので、フルートやマリンバの音で聴くのは新鮮でした。仕事をしていますが、とてもリラックスできました。ありがとうございます。

・オカリナの音色がすごく素敵で心にしみました。

・まだ先の事なので、イメージがわいていませんでしたが、痛くても呼吸をしないと赤ちゃんも苦しいということを忘れないようにしたいです。つわりで体調に波があるのですが、久々にゆっくりと音楽を聴く事ができてリラックスできました。

・CDより実践できてとても参考になりました。聞いたことのある曲もあり、とてもリラックスできました。